2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏葉アジサイ

薔薇の花が一段落するとアジサイが庭の主役。
柏葉アジサイは庭ができて1,2年目に植えたから。かなり立派になりました。
最近ではボリュームを落とす方に力を入れてるくらい・・・。
切ってもすぐに大きくなるので、アジサイってとーってもたくましいですよね。

柏葉アジサイ


柏葉アジサイ

6月の庭

一部ですが、6月の庭の様子です。
家の裏手とか木の根元など・・・
目立たないところでがんばっているお花たちにスポットをあててみました。

2011_06 garden
ヒューケラとティアレア
不思議なことにティアレアが返り咲いています。
ヒューケラの間からちらちら見えているのはゲラニウムの葉。

2011_06 garden
ゲラニウムとアスチルベ
アスチルベのお花って金平糖に似ていると思いませんか?

2011_06 garden
ノバラ
たいしてお世話していないのに、たくさんシュートがでます。
扱いきれないくらいに・・・
(はっきり言って持て余してます)
お花はとってもかわいいのにね。



今、薔薇は数えるくらいしか咲いていません。
アーチもすっかり寂しくなってしまいました。
このところ暑くなったので、午前中しか作業をしなくなってしまいました。
お昼ご飯を食べた後はどうもやる気が半減しちゃうみたい。

梅雨明けまでにしたいことがいろいろあるのに・・・。
モチベーションあげなくちゃいけないのに、なかなかできないわ。

赤城ローズ&ベリーガーデン

ANANさんの所から近いので(車で10分もかからないくらいだと思う)
「赤城ローズ&ベリーガーデン」にも足を延ばしてきました。
こちらもちょうど満開。
ANANさんのところより若干標高が低いかな?
でも、開花期はほとんど一緒なので、ANANさんのところで見た人が来てたりします。
(私も人のこと、言えないわね)
ここは有料なのですが300円とお安いんですよ。
園内のジューンベリーは食べてもOK(お持ち帰りは有料)
ちょっと、おもしろいですよね。

赤城ローズ&ベリーガーデン
入口にある「ポールズヒマラヤンムスク」のアーチ

赤城ローズ&ベリーガーデン
真ん中に芝生の通路があります。

赤城ローズ&ベリーガーデン
このガーデンはイングリッシュローズに力を入れていて、豊富に植えられています。
そのほかにオールドローズやモダンローズのコーナーもあります。
少しだけどフレンチローズも植えられていました。

赤城ローズ&ベリーガーデン
写真の講習会で練習した濃い赤の薔薇を撮ってみました。
近い色がでたと思いますが、難しいですね。


ローズ&ベリーガーデン
http://www.rose-berry.com/index.html

ローズガーデン ANAN にて

去年、初めて行って大感動したローズガーデン。
こんなステキガーデンがあったとは・・・教えてくれたお友だちに感謝です。

ANANさんのBlogを見て、開花を今か今かと待ちわびて、昨日行ってきました。
よかった~、今年もベストな状態を見られて(^^)

早速、「先日の写真講習の復讐を兼ねて撮るわよ」・・・と意気込んでいたのですが、
ズームが動かない・・・
動いたり動かなかったり、かなりごきげんななめ。
講習会の時も調子が悪かったのだけど、ますますひどくなったかんじです。

でも、シャッターはちゃんときれたので、講習の成果を出すべくがんばって撮ってみました。

ROSE GARDEN ANAN
道路との境も薔薇のフェンス仕立てになっています。
何種類も野薔薇が一斉に咲いて見事でした。
しかも、スタンダードの薔薇まで植えられていて、薔薇天国ですよ。

ROSE GARDEN ANAN
山の傾斜を利用して薔薇が植ます。
日当たりがバッチリだからきれいに咲いていますよね。
斜面を登っていくと(下りていくと)雰囲気が変わってくるので、楽しいです。

ROSE GARDEN ANAN
全体的に淡い色合いの薔薇が多いのですが、この写真のように色鮮やかなものもあります。
はっきりした色は写真写りがよくて、撮りやすいですね。
(白を手前にしたらうまくいかなかった・・・

ROSE GARDEN ANAN
このカーブの先には見事なアンジェラのスタンダード仕立てがありました。
ここは、つるバラをスタンダード仕立てにしてゴージャスに見せているんですよ。
upしていませんが、フィリス・バイドのスタンダード仕立ても見応えがありました。

ROSE GARDEN ANAN
宿根草も植えられているんですが、ついつい薔薇に目がいっちゃう。

ROSE GARDEN ANAN
講習で勉強した葉ものショット。
普段はあまり撮らないので、せっかくだから・・・練習です(笑)


ANANさんのBlogはこちら 
ローズガーデン ANAN
http://ameblo.jp/annan2008/


Read More »

写真教室に参加

写真家 福岡將之さんが講師を務める写真教室に参加してきました。
場所は埼玉県毛呂町にあるグリーンローズカフェ。
花木と草花、薔薇が自然なかんじで組み合わされているガーデンです。
先日、訪れた時は雨であまり見られなかったのですが、今日は教室で貸し切り。
いつも人がフレームに入らないうちに撮らなきゃという・・・せっぱ詰まった気持ちで撮っていたのですが
そういうストレスから解放されて自由に写真が撮れました。

でも・・・安心しすぎて、お庭は半分しか撮っていないし
オーナーの斉藤さんがいらしたのに、写真に夢中で薔薇の栽培のこととか聞けなかった・・・(>_<)
不覚・・・

写真教室に来ていらした方々は一眼レフをお餅の方が多く、
コンパクトカメラを持っていった私とは気合いの入り方が違ってました。
やっぱり、コンパクトカメラとは違う・・・(当たり前ですが)
先生が写真を撮って「こんな感じに撮ってみてください」と言われ、やってみるけど
どんなにがんばっても私のカメラでは写せないんですよ。
構図そのものも先生とは雲泥の差なんですけどね。
それと今までいかに自分が行き当たりでばったりで写真を撮っていたか・・・ということに気づきました。
だって、シャッターを半押しするとシャッタースピードが出るなんて、教室に出るまで知らなかったんです。
絞りの数値を上げるとどうなるのかも知らなかったし・・・。
ちょっと恥ずかしいですよね・・・我ながら・・・(^^;)


それでは・・・今回撮った写真です。

2011_6月写真教室
奥のジギタリスと手前のニゲラ、ワスレナグサを入れて優しいかんじ。
当初は薔薇まで入れようとしていてもっと近くから撮っていました。
もっと下がって撮りたいものを絞ったほうがいいと指導されました。
先生のお手本写真ほどではないですが、最初よりずっといい写真になりました。

2011_6月写真教室
この場所は暗い場所にグリーンを使っているのですが
そういう場合、どうやって撮るかという課題フォト

2011_6月写真教室
突然、先生が「カッコイイ」といって撮ったイネ科植物。
そこでみんなで葉もの写真を撮ることに・・・。

2011_6月写真教室
カフェの壁にあったイネ科植物とラムズイヤー

2011_6月写真教室
これも課題写真。
カフェの壁面の薔薇の撮り方は・・・でした。
全体を撮るのもいいけど、一部を撮るのも良いとのことでした。

2011_6月写真教室
テーブルセットを撮るというシチュエーションの課題写真。
広角で撮ったり、ズームで寄ったり・・・違いを見るということでした。
でも・・・私の場合、撮った写真はなんだかみんな似てました(-_-;)


先生の作品は公式サイトで見ることができます。
ピッコロフォト

薔薇・・・終盤です

わが家の薔薇も終盤にさしかかってきました。
これから開花最盛期を迎えるものもありますが、一段落ついたところです。
終盤にがんばっている薔薇を紹介させてくださいね。

ムスリーヌ ケンティフォリア・ヴァリエガタ
左)「ムスリーヌ」 または 「アルフレッド・ダルマス」
ポロポロと咲くのでまだまだ終わらないみたい。
近くの薔薇がお休みに入ったせいか、目立ってきましたモスだから蕾がかわいいんですよ。
蕾の様子はこれです     ムスリーヌ


右)「ヴィレッジ・メイド」 または 「ケンティフォリア・ヴァリエガタ」
6月に入って咲くお花はピンクが強くでてしまいました。
いつもは薄いピンクでかわいいんですよ。
授精が強いはずなのに、うちではあまりシュートがでてません。どうして???

カフェ シャルロット
左)「カフェ」
うまく育てられなくてこれで3本目。
今咲いているこの株もかなり元気がありません。もうダメかも・・・(>_<)
上手に育てている方。ぜひ、お知恵をくださいm(_ _)m

右)「シャルロット」
数年前にカミキリムシにアタックされてそれでもがんばってくれたのですが限界みたい。
カミキリムシは成虫になって旅立ったのですが、シュートには以前の力強さはもうないんです。
「グラハム・トーマス」のような感じで、それでいて樹高の小さいもの・・・と思って7,8年前に購入。
私は充分堪能したのですが、うちのだんな様がこの子にご執心の様子。
復活策を考えているようです。

スイートチョコ メイデンス・ブラッシュ グレイト
左)「スイートチョコ」
ミニバラに分類されると思うのですが、その割にお花が大きいです。(5,6㎝あるかも)
よくこの薔薇のことを知らずに購入したんですが、花もちがいいんです。
でもブラインドがでやすい。今年、咲かないかと心配したのですが、切り戻したら花芽がつきました。
一緒に写っているのは黒のペチュニアです。

「メイデンス・ブラッシュ ’グレイト’」
きれいに開けるお花と半分しぼんだようなお花と両方が咲いてしまいました。
ムムム・・・蕾は今までで一番ついたのに。
お花も本来はもっとフリフリなんですが、水が少なかったのかしら??

ミミエデン 賽昭君
左)ミミエデン
いつも雨にあててしまい、蕾が茶色くなって咲かずに終わってしまったのですが、
今年は軒下に移動したらちゃんと咲きましたよ。
咲き進むにつれ、ピンクも濃くなってくれるものと思われます。
よかった・・・♪

右)賽昭君(サイザウチェン)
去年まで地植えにしていたのですが、周りにいろんなものを植えすぎて、
元気をなくしていたので、強剪定し、鉢植えしました。
そしたら、また、花を咲かせたんですよ。そろそろ日向に移動しようかな(^-^)

再び、ル・ジャルダン・サクレへ

昨日の続きですが、せっかく熊谷まで来ているのだから(道の駅 めぬまは熊谷市にあります)
5/26に訪れたル・ジャルダン・サクレまで行ってみようと車を走らせました。

5月26日の時は、薔薇や宿根草や一年草すべてが完璧な状態で大感動。
(その模様はコチラ
もう一度その感動を味わいたくて・・・。
ただ・・・いつまでオープンしているのか情報がなかったんです。
もし、入れなくても外側から見える薔薇の様子だけでも味わいたい。

わが家の薔薇ですら今年は雨でやられたといっても長持ちしているんだから
きっと咲いているんじゃないかな・・・と思って。

そしたら・・・とてもきれいに咲いていたの。
ル・ジャルダンサクレ
ポールズ・ヒマラヤン・ムスクが満開に
これを見たら、やっぱり正面まで行かなくちゃ。

ル・ジャルダン・サクレ
入口の植え込みもきれいです。
そして・・・まだ・・・オープンしていましたよぉ(今年のオープンは6/12まで)
16時10分前くらいだったけど、間に合って良かった(オープン時間は10:00~16:30)

ル・ジャルダン・サクレ
26日は人がたくさんいて、なかなか撮れなかったガーデンルーム。
青いクレマチスが印象的なんですよね。
ここでお茶しました。

ル・ジャルダン・サクレ
終わってしまったバラもあるけど、全体的にはまだまだきれい。
天使のオブジェが所々で使われていて、かわいいんです。


お客さんが少なかったので少しオーナーの方とお話ししました。
薔薇と宿根草を一緒に植え込んであるのに、なぜこんなにきれいに両方咲かせているのか・・・
ずっと疑問だったんです。
だから、聞いてみると・・・
オープンガーデンが終わったら、宿根草は抜いてしまうんですって。

納得・・・だけど、まねできないわ(経済的に絶対無理)

そしてお庭のデザインは毎年変えるそうです。
このお庭は今年だけ・・・。

来年はまた違う感じになっているとなると、今から気になるわ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

RAKKO

Author:RAKKO
管理人:RAKKO
群馬県在住、趣味はガーデニングやインテリア。
インテリアはパイン材の家具を中心とした
カントリースタイルが好きです。

Cafe clock

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

BOOK MARK

















このBLOGを登録 by BlogPeople


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。