2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのちのハードル

「1リットルの涙」の作者、木藤亜也さんのお母様が書いた「いのちのハードル」を読みました。
この本も涙なくしては読めず・・・。
あふれ出る涙を抑えつつ読みました。

「1リットルの涙」は木藤亜也さんの日記を抜粋したもので、
彼女が文字を書けた(解読できる程度の文字が書けた)20歳までしかないのですが・・・
この本では発病した頃から、亡くなるまで・・・お母様の視点で追った月日が記されています。
時には亜也さんの言葉を借りて書かれているこの本は・・・
努めて明るく振る舞おうとしたお母様の姿が痛いほど心に迫ってきます。
亜也さんに心配かけまいと・・・常に若々しく気丈に振る舞っていたお母様。
亜也さんがくじけないように一生懸命励まして、泣きたいのをこらえていたお母様。
そして、もちろんご家族の協力も素晴らしく、そのことについても少し触れられています。

気がついたら、泣きすぎて・・・マスカラがとれてパンダのような眼になっちゃったよ。
鏡を見てびっくりしちゃった・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rakko12.blog17.fc2.com/tb.php/80-ea7c1938
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BLOGって? «  | BLOG TOP |  » 優等生のアリスター

プロフィール

RAKKO

Author:RAKKO
管理人:RAKKO
群馬県在住、趣味はガーデニングやインテリア。
インテリアはパイン材の家具を中心とした
カントリースタイルが好きです。

Cafe clock

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

BOOK MARK

















このBLOGを登録 by BlogPeople


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。