2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス紀行(アヴィニヨン)

随分・・・日が経ってしまいましたが・・・フランス紀行再開です。
アヴィニヨン

アヴィニヨン橋で有名なアヴィニヨン(Avignon)
橋の本当の名前はサン・ベネゼ橋と言うんですよ。
川の途中で切れているのはその昔・・・洪水によって流されたせい。
本当は対岸まで通じていた非常に長い橋だったんです。

アヴィニヨン

アヴィニヨンもヨーロッパの多くの都市同様、城壁に囲まれています。
城壁の中には市庁舎や劇場があります。
ヨーロッパの古い建物って威厳があっていい雰囲気。

アヴィニヨン

アヴィニヨンの観光の名所、法王庁です。
14世紀にローマから法王が移られた時に作られたもの。
(政治的策略で移されたらしい)
その後、法王はヴァチカンに戻ってしまいますが・・・
建物は兵舎になったり、監獄になったり・・・いろいろな使われ方をしたそうです。
中も見学したのですが、写真撮影禁止なんですよ。
でも、兵舎や監獄になってしまったので調度品なんてものはないんですよ。
(どこへ行ったんでしょうね)
法王の好みによってどんどん増築されていて、
それぞれの法王(4人の法王がこの法王庁を使ったそうです)の好みによって部屋の趣が違うんです。
派手好きの法王は寝室の壁面がモザイクになっていたりするんですよ。
それに前の法王が使っていた部屋は使わないみたいだし。
対抗意識みたいなものをひしひしと感じました。

アヴィニヨン

法王庁の屋上から眺めるとこんなかんじです。
アヴィニヨンで一番行ってヨカッタ場所でした(笑)

アヴィニヨンについて詳しいことを知りたい方はこちらをクリック。
アヴィニヨンで・・・私、もう少しでジプシーの被害に遭いそうになりました。
法王庁の前の広場で・・・。
私が訪れた時はちょうど国際演劇祭の会期中で、街中大道芸人やらがパフォーマンスしていたんですよ。
そんなときだから普段以上にジプシーの方々も活動中だったみたい。

荷物もカメラも持っていないし、ふらふらしていて変な人がいるなあ・・・とはわかっていたんです。
(持っていたのは携帯電話と丸めたチラシ)
だから・・・注意してはいたのに、
諦めてどこかへ行った様子だったので・・・
「もう大丈夫かなあ」と思って写真を撮っていた時でした。
だんな様にぐいっと腕を引っ張られて・・・なんだと思ったらもう少しで例のジプシーが背後から迫っていたんです。
あともう少しでバックを盗られるところでした。
間一髪。

私は気が塚なったけど、ジプシーには仲間がいたらしく、携帯でカモを盗み担当に連絡していたんですよ。
うーん・・・恐るべし・・・。
最近のジプシーは侮れないわ。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

アヴィンヨンのジプシーですか。

RAKKOさん、フランス紀行 続行うれしいです。

それにしても、携帯を使いこなすジプシーって、いったい!・・・
って感じですね~
ジプシーのイメージが。。。
時代をひしひしと感じます。

びっくりでしょ

noelさんへ

そうなんです。
最近のジプシーは携帯を使うんですよ。
(それも盗んだものかもしれないけど・・・)
でも日本で見るような薄型携帯ではなくて、小型トランシーバーみたいなもの。
最近、携帯持っていない人はいないくらいだけど・・・ジプシーまで広がっているなんて・・・
私も時代をひしひしと感じます!!!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rakko12.blog17.fc2.com/tb.php/325-fae0bff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フランス紀行(セナンクの修道院) «  | BLOG TOP |  » わが家の庭から

プロフィール

RAKKO

Author:RAKKO
管理人:RAKKO
群馬県在住、趣味はガーデニングやインテリア。
インテリアはパイン材の家具を中心とした
カントリースタイルが好きです。

Cafe clock

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

BOOK MARK

















このBLOGを登録 by BlogPeople


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。