2007-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス紀行(ゴルド)

ゴルド
セナンクの修道院に接した山の上にあるゴルド(Gordesという村にも立ち寄りました。
旅行の行程にはなかった場所ですが・・・
ちょうど朝市も開かれていたので現地ガイドさんの機転で寄ってもらえることになったんです。

ゴルドはとても小さな村ですが・・・その町並みの美しいこと。
どうせ泊まるのならこんなところがよかったけど・・・
ここにあるホテルは四つ星、五つ星のホテルで・・・
ツアーに組み込むには料金が高くなりすぎてダメだったかもしれないですね。
というのもミッテランさんの別荘がここにあるそうで、そのために政府関係者が宿泊することが多く、
高級ホテルしかないんだそう。

ゴルド

さて、朝市の様子はこんなかんじ。
朝市といっても食料品だけでなく、お土産も並んでいます。
私はここでテーブルクロスを購入。
いっしょのツアーだった人と「2人で買うから、まけて!!!」と交渉したものの・・・
あんまり安くしてもらえなかったですね。
しつこく食い下がったけど、ラベンダーのサシェをおまけしてくれたくらい・・・。
結構、フランスの人って渋いですね・・・。
ゴルド

いろんな種類のチーズ。欲しい分だけ切って売ってくれます。
ゴルド

トマトもいろんな種類があっておもしろい。ゴルドの朝市

これはズッキーニですね。
こんなに種類があるとは・・・驚きです。
スポンサーサイト

フランス紀行(セナンクの修道院)

セナンクの修道院

見事なラベンダー畑が美しいセナンクの修道院。
ラベンダーの開花期は南仏行きのどのツアーでも組み込まれているところです。
こんなところがあるなんて・・・ツアーに参加するまで知りませんでしたよ。
私が行った時はちょうどラベンダーの開花期だったので立ち寄ったのですが・・・
修道院に行くまでの道は細く蛇行した道で車が何台も連なってすごい人気。
(谷底に向かうようになっているので抜け道がないんです)
きっとヨーロッパでは有名なラベンダーの名所なんでしょうね。

このラベンダーは香料をとるためのものだそうで、修道士さんたちの収入源なんですよ。
観光用ではないから畑の周囲に鉄条網が播かれていて、中には入れない・・・。

と・・・思っていたら・・・
セナンクの修道院 ラベンダー

あら・・・子供が中に入ってる。
外国人の子供って絵になるわぁ。
「いいモデルがいるわよぉ」ってかんじで
ツアーのみんなで勝手に写真をパシャパシャ撮っちゃいました。

子供が入っていると言うことは・・・どこかは入れる場所があるってことですよね。
鉄条網がゆるんでいる場所があったのでそこから中に入って
またまた写真をパシャパシャ。

セナンクの修道院 ラベンダー

ラベンダー畑の土はまるで砂のようで、
歩くと靴の中に土が入ってきます。
相当乾燥していたのですが、株は元気そのもの。
ラベンダー栽培にピッタリとした環境なんだわ。

本当は私の写真以上にもっともっときれいな場所です。
その美しさが伝わりにくいのが残念。

フランス紀行(アヴィニヨン)

随分・・・日が経ってしまいましたが・・・フランス紀行再開です。
アヴィニヨン

アヴィニヨン橋で有名なアヴィニヨン(Avignon)
橋の本当の名前はサン・ベネゼ橋と言うんですよ。
川の途中で切れているのはその昔・・・洪水によって流されたせい。
本当は対岸まで通じていた非常に長い橋だったんです。

アヴィニヨン

アヴィニヨンもヨーロッパの多くの都市同様、城壁に囲まれています。
城壁の中には市庁舎や劇場があります。
ヨーロッパの古い建物って威厳があっていい雰囲気。

アヴィニヨン

アヴィニヨンの観光の名所、法王庁です。
14世紀にローマから法王が移られた時に作られたもの。
(政治的策略で移されたらしい)
その後、法王はヴァチカンに戻ってしまいますが・・・
建物は兵舎になったり、監獄になったり・・・いろいろな使われ方をしたそうです。
中も見学したのですが、写真撮影禁止なんですよ。
でも、兵舎や監獄になってしまったので調度品なんてものはないんですよ。
(どこへ行ったんでしょうね)
法王の好みによってどんどん増築されていて、
それぞれの法王(4人の法王がこの法王庁を使ったそうです)の好みによって部屋の趣が違うんです。
派手好きの法王は寝室の壁面がモザイクになっていたりするんですよ。
それに前の法王が使っていた部屋は使わないみたいだし。
対抗意識みたいなものをひしひしと感じました。

アヴィニヨン

法王庁の屋上から眺めるとこんなかんじです。
アヴィニヨンで一番行ってヨカッタ場所でした(笑)

アヴィニヨンについて詳しいことを知りたい方はこちらをクリック。

Read More »

わが家の庭から

パンジー「メロディ」

今になってようやくガーデニング熱がまた少しずつ再燃している私。
でも、お庭は悲しいほど寂しい。
薔薇もあんまり咲いていないし・・・。
時期から言ってお花たちはお休みモードに入りつつあるところ。
もっぱら庭仕事は落ち葉かきがメインです。

今・・・元気よく咲いているのは、このパンジー(もしかしたらビオラかも?)。
「メロディ」という品種でホームセンターで買ってきたものです。
今年も種まきをしたのですが、なんせ10月に入ってから播いたので、まだ小さくようやく移植できるくらいの大きさなんですよ。
いかに仕事が遅かったか・・・・ばれちゃいますね(苦笑)
自分で種を蒔くより買った方がお手軽でいいかなあと思うけど
やっぱり種を蒔かずにはいられなかったんです。
種まきぐせがしみついているのかも・・・。


キク

もうひとつ、元気よく咲いているのは小菊の花。
買った時はきれいなグリーンの花だったのに、2年目以降グリーンがきれいに出ないんですよね。
なぜなのか・・・今年、その原因がわかったんですよ。
きれいな緑色を出すには遮光して育てるんですって。
うーん庭で適当に育てている私にはこんな色しか出せなかったんですね。
納得、ナットク。


ヒメツルソバ

最後はヒメツルソバ。
(ポリゴナムと言った方がピンと来る方もいらっしゃるでしょうね)
夏の間、私に見つかるとどんどん抜き取られていたのに、
ちゃんと生き残っていたんですね。
このお花は好きなので、秋は見逃しています。

紅葉

紅葉 一ノ倉沢

ちょっと前のことですが・・・
紅葉を見に行ってきました。
場所は谷川岳の一ノ倉沢。
細い道ですが車でも行くことができるんです。

紅葉 一ノ倉沢

一の倉沢はごつごつとした岸壁が目立つところ。
(逆光でわかりづらい写真になっちゃったわ)
こういう岩肌だらけの岸壁を地元の言葉で倉と言うそうです。
ここは登山する人も多いんですが・・・素人には難しそうなところ。
もちろん私は車で上れるところから眺めるだけですけどね。

紅葉 一ノ倉沢

一の倉沢を背に、ちょっとお散歩できる山道を歩いてみました。

紅葉 一ノ倉沢

ちょうど見頃。
今年の夏は暑かったからか・・・紅葉はとてもきれいでした。

帰りに道路沿いで売っているキノコを買ったんです。
「大黒シメジ」というキノコ。
通常のシメジよりも大きく強い香りがするんですよ。
嫌な香りではないけど、強い香りが苦手なので・・・私はあまり高い評価は出せません。
もうちょっとメジャーなキノコを買うべきだったかなあ。

丁寧に・・・

11月になってしまいましたね。
今年はというか・・・今年もバタバタして過ぎちゃってます。
毎年、ゆとりを持って暮らす・・・というのを年の初めの目標としているのに・・・。
今年は今までで一番できなかった年になりそう。

でも、今からでも遅くないよね。
お庭も少しずつ真剣に取り組んでいるところです。
球根も今日、植えましたよぉ。
でも、薔薇の方は・・・・
カミキリムシにやられ放題でドリルで開けたような穴が
根元にいくつかできてる・・・。悔しい~。
いつも迷って実施していないけど、来年こそは忌避効果があるという
ニームオイルを試してみようかしら。

家のことも少し怠けていたので、もうちょっとなんとかしなくては。
そういう時は素敵な人のインテリアの本を見るのが一番。
よく素敵なインテリアの写真を見て
「こういうのって実際は無理。こんなにきれいには片づかない」とか
もしくは「掃除がたいへんだから(雑貨など)飾れない」とか
そういうことを言う人がいますが
それではいつまで経ってもステキな部屋にならないですよね。
(私も以前はそんなふうに思っていたこともありました)
私は王由由さんの本を見るとやらなくちゃという気になるんです。
彼女の部屋はそれほど広くもなく、モノも少ない訳でもないのに
とっても素敵な空間なんです。
それは心に余裕を持って暮らしていらっしゃる空なんだろうなあ。
忙しくなるとなおざりになりがちなので、ここで自分に渇を入れようと思います。

今年も11月になっちゃったけど、丁寧に暮らしていこう。
改めてそうお思います。

また、今回も反省文になっちゃいましたね(苦笑)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

RAKKO

Author:RAKKO
管理人:RAKKO
群馬県在住、趣味はガーデニングやインテリア。
インテリアはパイン材の家具を中心とした
カントリースタイルが好きです。

Cafe clock

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

BOOK MARK

















このBLOGを登録 by BlogPeople


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。