2007-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス紀行(サン・ポール・ド・ヴァンス~エクサン・プロヴァンス)

このツアーの大きな特徴は鷲の巣村と呼ばれる小さな村をいくつか訪れること。
鷲の巣村とは、その昔、サラセン人の攻撃から身を守るため、
鷲が巣を作るような岩山に城壁で周りを囲んだ村を鷲の巣村と呼ぶそうです。

この日は鷲の巣村のひとつサン・ポール・ド・ヴァンスへ。

サン・ポール・ド・ヴァンス
ここは中世の雰囲気が残る素敵な村。
芸術家に愛された村で入り口のホテルにはピカソやマティスが絵が売れなかった時代、
レストランに自分たちの絵を置かせてもらっていたんですって。
(写真では紹介してないけど)
村の奥の墓地にはシャガールのお墓があり、そこで奥さんといっしょに永眠されています。
また、ここの教会で元フジテレビのアナウンサー中村江里子さんの結婚式をあげたそうですよ。
小さな村だけど、よくわからなくて・・・その教会には行けなかったわ。

サン・ポール・ド・ヴァンスの次はエクサン・プロヴァンスへ。
今回の旅行で一番行きたかった都市でもあったのですが・・・
滞在時間が短くてとても残念。
南仏の中ではおしゃれな街と言うことで期待していたのにフリー時間はなしだったんですぅ(涙)
エクサン・プロバンス

エクサン・プロヴァンスはセザンヌの生まれ故郷でもあり、町中にはセザンヌの軌跡の
金属プレートが埋め込まれています。(画像右上)
エクサン・プロヴァンス郊外にあるセザンヌのアトリエ(画像左下)にも行ったんですよ。
ちょうど今、AQUOSのCMで紹介されていますよね。
本当にあれがすべてなの。(内部は写真撮影禁止のため、画像はありません)
アトリエは二階にあるんだけど、二階すべてがひとつの部屋。
そこにピッチャーやら骸骨天使像やら・・・
彼の静物画のモチーフになったものが置かれていて、雰囲気があるんですよぉ。
彼は晩年の4年ほどこのアトリエで製作活動をしたそう。
もうちょっと広いかと思っていただけに・・・こぢんまりしていたのでビックリでした。
右下の画像はアトリエの前の庭にいた猫ちゃん。
外国の猫って日本の子たちと違って逃げないのよね。

最後は宿泊地のサン・マキシラン・ラ・サント・ボームへ。
サン・マキシランラ・サント・ボーム

ここではサントマリー・マドレーヌ協会の隣にある修道院を改装したホテルに泊まったんですよ。
上画像(左)はサントマリー・マドレーヌ教会。
サントマリーは聖マリア、マドレーヌはマグダラの意味で、マグダラのマリアを祀った教会です。
中にはマグダラのマリアが眠っているんですよ。
ちょうど開帳されていたので、真っ黒な骸骨がガラスケースの中に収められていたのを拝見しました。
(「ダ・ヴィンチ コード」ではマグダラのマリアはルーブルに眠っていることになっていましたよね)
日本ではあまりこういうものを見せないので、こういうものを見ると
胸をきゅっと捕まれたような気持ちになります。
画像右は教会前の様子。教会の隣の建物は市庁舎です。
私が泊まったホテルは教会の裏のほうにあるので、写っていないけど・・・
なかなか雰囲気のよいホテルでした。
部屋は狭いけど、こざっぱりしてきれいなの。
部屋にいても教会のパイプオルガンの音がよく聞こえてきたんですよ。
下画像2枚はホテルでの夕食の様子。
左はバジルとニンニク、塩胡椒をしたソースの上にトマト、イカが乗ってます。
イカは焼けに柔らかくて、へんな食感。(イカはゆですぎだと思う)
右は鳥の煮込みと言うことでしたが・・・ゆで鳥をローストしたようなものでパサパサでおいしくなかったのよぉ~。
スポンサーサイト

フランス紀行(ニース~エズ)

今日から少しフランス旅行についておみやげ話をしますね。

夫婦揃っての海外旅行は久しぶり。
どこがいいかといろいろ検討したところ・・・
お互い行ったことがないところへと言うことでフランスへ。
(私はパリだけは行ったことあるんだけど)
テレビで見たきれいな映像やピーター・メイルさんの「南仏プロバンスの12ヵ月」の影響で
(といっても読んだのは10年以上前だわ)
ずっと行ってみたかった南仏を巡るコースにしました。(ツアーです)
今まで夫婦で海外に行けなかったのは庭とまろんが心配だったから。
今回はお庭とまろんをお世話してもらえる方が見つかったので
長期で家を空けることができたんです。

成田からニースまではフランクフルトでのトランジットもあってかなり長時間の旅。
ニースに着いたのは夜中でくたくたとなってしまって爆睡でした(笑)

翌日は・・・まずニース近郊のエズ村の観光。
鷲の巣村と呼ばれる高台に作られた城壁の中に存在する村です。
頂上の城跡は現在サボテン公園(有料)になっていてニースの街を眺めることができるんですよ。
ここからの眺めが本当に素晴らしいんです。
ま・・・公園のほうは「ふうん(趣味じゃないわ)」ってかんじですけどね。
エズの街


エズを観光したあとはニース
これは朝市の様子です。
ニースの朝市

野菜の他にも魚や花、雑貨までも売られています。
ここで買ったネクタリンはおいしかったですよぉ。
日本のより甘いの。

朝市を見たあとはシャガール美術館で絵を堪能。
小さな美術館ですが、見所がある充実したものでした。
ニース

お昼を食べたあとはフリーで街を自由に散策。
ニースと言ったらやっぱりビーチですよね。
私は泳ぎが苦手なので・・・もっぱら道から景色を眺めるだけでしたけど・・・。
でも、こちらの人は泳ぐより浜辺で寝ころぶのが好きみたい。
左下はカフェで飲んだ飲み物(名前を忘れちゃった)
カップに入ったアイスクリームにエスプレッソを注ぐんです。
ちゃーんと冷たいコーヒーになります。
ハーゲンダッツのカフェだったんだけど・・・アイスクリームは日本より数倍高いの~(>_<)
今、ユーロが強い影響もあるけど・・・フランスの物価、高いです。

帰ってきました(フランス紀行)

ゴルドの街

旅行から帰ってきました。 

行ってきたのは・・・フランス
ニースから南仏を巡ってパリから成田へ・・・8日間の旅でした。
お天気がいい日ばかりで本当にラッキー。
きれいな景色をたくさん見られて楽しい旅でした。
この画像は南仏のゴルドの町並み。
小さな街ですがとってもいい雰囲気だったんですよ。
またここで少し旅の模様をお伝えしたいと思ってます。

日本は台風でたいへんだったんですよね。
今日は新潟や長野で大きな地震がきたし・・・。
(群馬も揺れました)
なんだか変な気象ばかりで驚いています。
被災地の早い復興を願うばかりです。

ユリの花

ユリ「あかね」

バラの2番花がいまいちなわが家できれいに咲いているのがユリ。
ユリもいろんな品種があるけれど・・・これは「あかね」というもの。
とってもきれいなユリで大満足。
なんと言ってもカタログどうりのお花だったのが嬉しかったんですよ。
印刷の具合のせいか・・・届いたお花がカタログと違うことが結構多いんです。
とくに微妙な色合いなものに限って・・・(>_<)
だから今回はあたりでよかったわ。

ユリ「カンヌ」

カタログと違うお花というとこれ。
「カンヌ」というユリなんですがベージュってカタログには書いてあったんですよ。
どう見ても黄色ですよね。


私事ですが・・・旅行に出かけるので連休明けまでBLOGはお休みします。
帰ったら旅行のお話を書きたいと思っています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

RAKKO

Author:RAKKO
管理人:RAKKO
群馬県在住、趣味はガーデニングやインテリア。
インテリアはパイン材の家具を中心とした
カントリースタイルが好きです。

Cafe clock

最新の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆★☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

BOOK MARK

















このBLOGを登録 by BlogPeople


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。